投資金額に見合う成果が出ない

マーケティングオートメーションを実践する際には、自社にシステムの構築を行う、オンプレミス型での導入を検討する方も多いでしょう。業務に適したカスタマイズが施されたシステムであれば、従業員も違和感なく使うことができるからです。オンプレミス型でシステムを作成する際には、それなりな期間や金額が掛かっていくものです。企画の段階で多くを求めてしまうと、設定していた予算をオーバーしてしまう可能性もありります。導入に関する十分なカウンセリングを受け、操作性や機能面の良さで満足できるシステムができたとしても、営業用のツールである以上は、売り上げに貢献できるものでなくてはいけません。多額の投資を行ったのに、考えるような成果を出せずに、大きな損失を出してしまう可能性もあるのです。

状況に応じた柔軟な仕様変更が難しい

オンプレミス型でマーケティングオートメーションシステムを構築してしまうと、仕様を変更したい場合に、即座に対応ができないことがあります。営業での利用を続けているうちに、周囲の環境や市場の流れが変わるなど、システム改修を検討する必要が出てくるものです。クラウド型サービスの利用であれば、違うサービスに乗り換えを検討することも可能でしょう。自社にシステムを構築することは、業務に適した操作性の高いシステムを実現できるメリットはありますが、柔軟な仕様変更や改修が難しい部分もあるのです。マーケティングオートメーションをオンプレミス型で導入する際には、将来を見据えた入念なシステム設計を行っておくことが大切です。