セキュリティーに注意が必要

マーケティングオートメーションをクラウド型で導入するときに最も懸念事項となるのはデータセキュリティーです。マーケティングオートメーションでは顧客情報を扱い、かなり大きなデータをクラウド上に保存することになります。クラウドサービスでは同じサーバーに他のユーザーもアクセスすることから、データの漏洩リスクが高いと言われています。しっかりとしたセキュリティーを構築していたとしても、運営会社や管理会社の領域の割り当て方にミスがあっただけで情報漏洩のリスクがあるので注意しましょう。この点に関しては万が一のときには保証をしてもらえるようにするのが適切だと考えて、契約するときに確認して適切な条項を入れるのが無難です。

カスタマイズに限度がある

クラウドサービスの問題点としてもう一つ挙げられるのがカスタマイズ性です。マーケティングオートメーションをするときには事業形態やマーケティング方針などによって最適化し、業務の効率化とリードへ効果的なアプローチ、顧客の育成などを同時に実現することが肝心です。その観点から重要になるのがカスタマイズで、他の企業でうまく使えているシステムであっても必ずしも自社に適しているとは限りません。クラウドのアプリケーションもある程度はカスタマイズが可能になっていることがありますが、抜本的な改変は難しいのが一般的です。あくまで提供されているサービスの範囲内で対応しなければならないという点には気を付けなければなりません。