導入のしやすさが大きなメリット

マーケティングオートメーションをクラウド型で提供しているサービスは数多くありますが、そのメリットの一つに導入のしやすさがあげられます。初期費用がかからないものが多く、かかっても大きな負担とならないことが大半です。サーバーを購入する必要がなく、サービス提供側が準備したサーバーを利用することができます。インターネットに接続できる環境があれば、別途必要になるものはありません。また、多くのサービスでは無料トライアル期間が設定されています。これは実際のサービスを一定期間自由に利用することができるもので、実データに近いデータを投入し、実運用に耐えられるかを検証することができます。良ければそのまま運用開始できる手軽さも人気の秘密です。

運用や保守にも手間いらず

クラウド型のマーケティングオートメーションサービスでは、サービス提供側のデータセンターにあるサーバーを使用します。このようなデータセンターは耐震対策が万全であることが多いです。また、データセンターを複数拠点に分散し、相互にバックアップをしておくことで、データ喪失リスクを最小限に抑える対策も取られています。さらには、サーバーのメンテナンスやバージョンアップなどの保守作業も専門のエンジニアがしっかりと対応してくれます。いろいろなセキュリティ対策も施され、安心して使用できる環境が提供されます。自社で同等レベルの運用や保守を行うことを考えると、手間もかかり多額なコストもかかります。それがサービス利用料に含まれているのは、大きなメリットと言えます。